こんにちは&お初にお目にかかります。AEDでいつも写真撮影など裏方をやっております、おーみです。
井上代表から「デジタル系ガジェットネタでブログを書いて欲しい」と脅された要望されたので、表舞台に出てきちゃいました。以後、よろしくお願いします。

スムーズな動画をスマホで撮影したい!方のお役立ちアイテム

というわけで早速表題の本題に入りますが。最近、ちょっとした動画の撮影によく使われるモノといえば、みなさんご利用中のiPhoneをはじめとしたスマートフォンと思います。しかし、スマホでの動画は手ブレしやすい!独特の持ち方だったり軽さだったりで、後から見返したときに「結構ゆれるなぁ…」と思われる方も多いと思います(私もそうです)。スマートフォン自体に手振れ補正機能が内蔵されたり、動画撮影アプリでも手振れ補正機能があったりしますが、歩きながらの撮影や撮影しながら高さを変えたり向きを変えたりという時まで対応できるかというと、ちょっと?がつくもの。プロの映画クオリティまでいかなくても、もっとスムーズな動画が撮影したい!という方も多いことでしょう。

小耳に挟んだことがある…「ジンバル」ってなんぞや?

そこで、最近話題になっているのが…「ジンバル」。「スタビライザー」とも言われています。ドローンなどによく使われている、上下左右の振動を打ち消すようにモーターを制御して手ブレや動きブレを防ぐ機械なのですが、スマホ用にももちろん存在しています。そんな「スマホ用ジンバル」を購入したので、実際にどんな感じなのか、試してみました!

はい、こちらが購入したジンバル、X-CAM SIGHT2 Creative Sightというシロモノ。文字通りシロいです。ジンバルと言っても、本気なプロ仕様で3軸(X軸、Y軸、Z軸)を制御するジンバルはちょっとお高い!格安で3万円、平気で10万円とかしちゃうのもありますが、今回購入した2軸制御のものならAmazonで5,000円ちょっとと、なかなか手を出しやすいお値打ち価格!です。

ちなみにスマホとの大きさを比較すると…

という感じです。横に並べているiPhone 7 Plusとほぼ同じ大きさ。重さは189gと、iPhone 7 Plusの188gとほぼ変わらず。まぁそれなりに重量はありますが、折りたためるのでコンパクトに持ち運びができます。なお、画面サイズ5.5インチのスマホまでなら対応できます。

で。実際に動かしてみると…

と、こんな感じに常に水平を保ってくれるわけです。グリップをまっすぐ持ってる状態から高さを変えたりちょっと角度が変わっても、ほぼほぼ水平に調整してくれます。専門的にいうと、スマホを正面に見て横軸=X軸(チルト)、奥行き=Z軸(ロール)の動きを制御してくれます。
なお、右から左へカメラを振るなどの動き(パン)は制御してくれないので、そこは気をつけて動かす必要があります。

どんな映像になるのか、動画でチェック!

と、文字で読んでもよくわからん!と思いますので、ちょっとした動画レビューを作ってみました。ぜひ、見てくださいませ。

スマホ動画のクオリティアップに、いい感じ♪

というわけで、スマホでの動画撮影に思ったよりも使えそうな、2軸ジンバル(スタビライザー)のご紹介でした。今まで以上にクオリティの高い、ヌルヌルしたスムーズな動画がスマホで撮影できるようになりました。しかもiPhone 6s/6s Plus/7/7 Plusなら4K動画にも対応!かつスマホのアプリだけで編集してテロップ入れてナレ入れてBGM入れてYoutubeやFacebookでほぼリアルタイムで公開できるわけです。すごい時代ですよ、ホント。

というわけで、今後、さまざまなデジタル系ガジェットで自腹を切って購入したモノなどをちょこちょこご紹介していきたいと思います。お楽しみいただければ幸いです。

それでは、また。

Pocket