WCK Meeting Vol.47 新春ライトニングトーク大会!イメージ画像
おはようございます&こんにちは&こんばんは。グラレコ担当『ねこ会長』こと阿部です。

2017年1月15日(日)に高知市のかるぽーと第3学習室にて開催された『WCK Meeting Vol.47 「新春ライトニングトーク大会2017」』にて『『お前にはできない』と言われた私がフリーランスを続けられている理由』というタイトルで登壇してきました。今まで何度も高知に行きたいと思いつつ、都合が合わなくて断念することが多かったのですが、今回はチャンスと思い『登壇者』として参加させていただきました。

登壇者の半数が高知県外。

WCK Vol.47 ライトニングトーク大会 登壇者勢揃い
登壇のきっかけは前年12月に行われた『岡山WEBクリエイターズ 年末スペシャル2016』で、ウェブクリエイターズ高知のスタッフ間嶋さんから「県外の方もぜひ」とお誘いをいただいたからです。

「ゆるい雰囲気ですから」と言われていたので、自分もゆるゆる考えていたのですが(ごめんなさい)、蓋を開けてみれば登壇者全12名(私含む)のうち半数がなんと高知県外の方。香川(2名)、岡山、福岡、京都、そして愛媛(私)。

さらに、参加人数は40名。持ち時間約5分とはいえ約4年ぶりの登壇。終わった今だからいえますが、高知行きのバスの中、緊張とプレッシャーと寒さで胃が痛くなってましたorz

このネタにした理由。

WCK Vol.47 LT大会 登壇中
私事ですが、今年、人生の節目を迎えるため、これを機会に今一度これまでやってきたことを振り返って見直してみたかったためです。

これまで振り返ってみると、私がやっていることは、傍から見るとムダなことをしているようにしか見えないためか、何かと叱られたり「コイツダメだわ」といった目でみられることが多かったように思います。

それもそのはず。すぐに『結果(=稼ぐこと、はっきり収入化すること)』に直結するようなものではないものがほとんどだったからです。結果がでるには時間かかるし、何より『(空き時間などでささっとやって)当たり前』と思われている内容ばかりです。

しかし、この『稼いでない部分』が『本業』を『見えない支え』になっているものです。実際、この部分をないがしろにしてつまづいた人を見たことも何度かありました。だからこそ、独立した時は支えを定期的に整える工夫をしておきたい、と思っていました。

大事なことは見えることだけではない。

先を見ることも大事なことです。でないと大きく稼ぐこともできませんし、時代を追いかけることもできません。
ただ、ずっと走り続けると今度は自分のことやその周りのことを疎かにしている可能性もあります。何かが起こって対処するのは、力も時間もかかるし、何より信用を落とすことにもなりかねません。

忙しいとどうしても自分のことは後回しにしがちだとは思いますが、やはりそこは『強制的に』『ひとつの仕事として』時間をとるべきではないか、と思っています。

『稼ぐこと』だけが『仕事』ではありません。『稼ぐこと』と『整えること』この2つが上手くバランス取れて回すことができて本当の仕事だと私は思うのです。

自問自答することはもちろんのこと、家族など第三者に意見を伝えてもらうなりして、『自分は何をすべきか』『何をしたいか』『何を求めているか』を考えていただければと思います。

ときには、今回の登壇タイトルみたいにネガティブなことを言われることもあるでしょう。その時こそ、言葉に惑わされることなく自分と向き合うことではじめて行動することができると私は思っています。

懇親会の会場がなんと路面電車内!

懇親会会場のおきゃく電車到着
今回の懇親会。何が驚いたかって、路面電車を貸し切ってるんです!!
人数制限や運行音、バリアフリー的な問題もありはしますが、それでも動く電車内での飲み会というのは非常に新鮮でした。

おきゃく電車で懇親会中

→「おきゃく電車」の詳細レビューはこちら
【電車で飲み会!】高知の「おきゃく電車」は、ちょっと変わった飲み会がしたい人にオススメです!【レビュー】 – ありんど高知
(同じく登壇された方が書かれています。めっちゃ詳しいのでこちらに任せます(笑))

→『おきゃく電車』についての詳しい情報はこちらから。
「おきゃく電車」ご予約受付中!! – とさでん交通株式会社
 
 
松山だって路面電車走ってるんやから、やってもええのにと思いはしましたが、このサービス、高知の和気藹々とした気質だからこそでできるのかも。松山だとちょっとハードル高いかもしれません。もしできたとしても、坊っちゃん列車でお茶会というのが限度…でしょうか??

松山行き高速バスの発車時間の都合で途中の高知駅休憩で帰りましたが、今度は最後までいたいですね。あの雰囲気、最後まで味わいたかったです(くぅーっ)。

ウェブクリエイターズ高知のスタッフのみなさま、そして今回参加されたみなさま、本当にありがとうございました。松山から駆けつけてくれた3人のスタッフにも感謝です。今後とも精進していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
※なお、スライドの公開は、今回有料イベントでもあったので今は差し控えます。時期を見て公開する予定です。

Pocket